FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.30 同居
やもり

全長10-14cm。体色は灰色や褐色で、不鮮明な暗色の斑紋が入る。
環境に応じて体色の濃淡を変化させることができる。
全身が細かい鱗に覆われるが背面にはやや大型の鱗が散在する。
尾は基部に2-4対の大型のイボ状の鱗があり、自切と再生を行うことができる。
体は扁平で壁の隙間等の狭い場所にも潜りこむことができる。

四肢には指ごとに1対の趾下薄板が発達し、壁面にも張りついて活動することができる。

害虫を捕食することから家を守るとされ、
漢字では「守宮」(あるいは「家守」)と書かれよく似た名のイモリ(井守)とともに
古くから親しまれていたことが伺える。
人間に対しては臆病で攻撃性が低く、食害や咬害を与えることもないため、有益な動物である。
縁起物として大切にする風習もあるが、逆に民家に侵入する不快生物として扱う人々も存在する。

手で掴むと噛みつくことがあるが、小型種の上に骨格が頑丈とはいえず、
人間に噛みつくと逆に顎の骨を折る可能性がある。

~ウィキペディアより抜粋~

噛みついときながら自分の骨折れるんかぃ!!っと突っ込みを入れつつ・・・

本題!!

やもりがウチに住み着いた。

初めて見かけたのは2週間前くらい。

玄関左の屋根のスキマ。



「あ、やもり。」
「あ、やもり。またいる。」
「あ、やもり。またまたいる。」
「あ、やもり。またまたまたいる。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ、やもり。 二匹いるっ


どうやらウチはやもりの愛の巣になってしまったらしい。

さちこ、やもりとか、いもりとか、とかげとか嫌いじゃないから
別に同居はいいんですけどね。

できれば・・・・・・・・・
子作りはせず二人暮らしを貫いていただきたいところデス

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sachiko1104.blog41.fc2.com/tb.php/76-2dd1cbf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。